引越し業者の規模

引越し業者は、大手業者と中小業者のどちらがいいのでしょうか。
どちらがいいのかは一概には言えませんが、大手と中小で大きな違いがあるとすれば、サービス業ととらえる大手に対し、職人的仕事ととらえる中小業者というのはあるかもしれません。
しかし、それも会社によりますので、やはり自分で求める引越しがどちらに当てはまっているのかを見てみましょう。

また、引越し料金は一番違いがあると言われています。
一般的に中小業者は大手よりも割安なところが多いそうです。これは、手厚いサービスや広告宣伝費などが大手より劣るという点ではないかと言われています。

運び大手企業には、梱包や養生、クレーム対応などのサービスが売りになっています。
梱包も、ケースやタンスのまま運ぶことが可能であったり、エコを考えた資材を使用していたり、利用者が荷造りしやすい工夫もされています。クレームがあっても専用窓口が設置してあり、連絡がつかないといったことはほとんどありません。
しかし、業者が引越し保険に加入をしていれば、中小でも、運搬時の紛失や破損について補償を受けることができます。

さらに充実した補償にしたいときは、別途で引越し荷物運送保険に加入することで安心して引越しができます。
引越し見積もりの際に、業者に問い合わせてみても良いでしょう。